イメージ画像

青汁をおいしく飲むには

健康維持や美容のために青汁を取り入れたいと思っているものの、どうしても味が苦手で勇気が出ないという方もいるはず。
ですが、苦い青汁が苦手という方でも様々な工夫をすることにより、おいしく飲むことができるのです。

例えば、定番なのは水で飲む方法なのですが、こちらは苦味の強い青汁などには向きません。 その場合は牛乳に入れて飲んでみましょう。

牛乳に入れると抹茶のような味わいになるものも多いため、無理なく飲めるはずです。

どうしても味が気になるという方は、クレーターフルーツジュースやアップルジュースを選択すると良いですね。 注意しなければならないこととして、青汁の中にはさっと溶けるものもあれば、溶けるまでに時間がかかってしまうものもあります。

できるだけ安いものを選んだ方が使い勝手は良いでしょう。

他には料理に使うという手もおすすめです。 人気が高いのはホットケーキに混ぜるという方法。 この方法ならば小さな子どもでもおいしく食べてくれるでしょう。

子どもの好き嫌いが激しくて、何とかして青汁を飲ませたいと思っているものの、なかなか飲んでくれないと悩んでいる方もいるようです。 そういった場合でもお菓子類に混ぜてあげればバレずに青汁を飲ませられます。

他には、カレーやハンバーグに混ぜるとほとんど青汁の存在感がなくなるため、味に敏感な方でも無理なく続けられるでしょう。

栄養素の中には、熱を加えることで壊れてしまうものもありますが、青汁の場合は特に問題ないのも嬉しい点です。

青汁はとにかく続けることが大切であるため、自分にとっておいしいと感じる商品を選ぶのはもちろんのこと、飲みやすいように工夫することが大切になります。

何年も続けられるようなおいしい青汁が見つかれば、無理なく野菜不足を解消しながら健康な体作りが目指せますよね。

小さな子供からお年寄りまで、飲みやすいタイプの青汁を選択すれば、家族みんなでおいしく青汁を楽しみながら健康を目指せるはずです。

このページの先頭へ